我が家の代々の愛犬たちといつでも会えるのは永代供養のおかげ

私の家では歴代ミニチュアダックスを飼ってきました。
今いる子は三代目。
我が家では、代々の犬と共に入れるお墓があります。⇒⇒⇒ペットと入れるお墓永代供養
いつでもわが子たちと会えるので、ペットを飼っているご家庭の方にはとてもオススメです。
その代々の我が犬たちには、名前のつけ方にはこだわりがあって、和名である事と、ちょっとくすっと笑える名前である事です。

1代目は茶太郎くんでした。理由はレッドだったから。
今となればそんなに珍しくないと思いますが、何せ約20年前でしたので名前を聞かれたらよく笑われたものです。
そして兄弟犬として迎えた2代目は、豆吉くん。
ちっちゃな幸せがありますように、という由来でした。
人が大好きで、遊んで欲しそうな目で色んな人を見るのでよく遊んでもらってましたが、その度に名前を言うとやはり笑われました(笑)
茶太郎はお兄ちゃんとして豆吉を可愛がってくれました。
散歩が大好きで、散歩の時間になると、二人分のリードをくわえて持ってきて催促するのがとっても可愛かったです。

当時は母とわんこ二匹の生活だったのですが、(私は当時は遠くで暮らしてました)寝る時もいつも一緒。
茶太郎が母の顔の近く、豆吉は足元で寝てたみたいです。

ある日母が豆吉が可哀想に思えて豆吉を自分の顔元に寝かせたら、茶太郎がやきもちを妬いて、豆吉の上に乗っかってきたみたいで(笑)
結局豆吉は足元で寝てたみたいです。
茶太郎は交通事故で7歳という若さで亡くなりましたが、豆吉は二人分の人生を生きて、ヘルニアで手術したり腎臓を患ったりしましたが12年頑張って生きてくれました。
豆吉が亡くなった後、母はペットロスに。二人によく似た子を探して、おうちに三年前にやってきたのが、三代目の大福です。
由来は大きな幸せがありますように、と母と私でつけました。
通称大ちゃんは今までのこの中で一番内弁慶で頑固。
飼い主以外の人間に興味もないし、他の犬と遊んで帰ってきても匂いを嗅いでも焼きもちも妬かないです。

ただ一つ困った癖があって、それはペットシーツの上で寝ちゃうんです…。
ケージの中にペットシーツとベッドを置いてるのですが、ベッドで寝たり気付いたらペットシーツで寝てたり。
起こしてベットに移動させると、自力でペットシーツに戻るのです(怒)
何回か攻防戦をしてると、今度はベッドをペットシーツの上に持ってきてそこで寝始める。
そこまでしてペットシーツの上で寝たいの?って感じです。
結局熟睡してからベッドごと移動して戦いは終了するのです。

最近一人暮らしを辞めて実家に戻ってきた私は、大福さんのお世話係をする日々を楽しく生きてます。

水曜日, 5月 9th, 2018 || . || blog |

尼崎の元看護師が思う、看護師の働き方について

単発クリニック求人が多い理由として、健康診断シーズンは患者数増加によって人手不足が起こったりすることがあります。
また、春や秋の土日は、働く看護師がお母さんの場合、入学式や運動会などのお子さんの行事がはいりやすくて、その欠員補充で増えるのです。
そして夏も、こうした理由と同じように、働くお母さん看護師が子供の夏休みに合わせて休暇を取ることが増えて、欠員補充で求人増える傾向となります。

クリニックの次に求人数が多くて、クリニックと合わせて単発の看護師の2大求人といって過言でないのは、デイサービスの看護師求人となります。
これは欠員補充の時と単に人を増やしたいといった両方の理由で、求人が年間で多いそうです。
また、単発のデイサービス求人は、働きたければ気軽に働くことができるのがメリットです。
そして医療処置がクリニックに比べて少なく、医療行為をしたくないという看護師からも人気あります。

そして、訪問入浴看護師求人はそれほど知られてないお得ポイントではありますが、訪問入浴はその仕事柄、夏は不人気求人です。
なので、夏に訪問入浴求人を引き受ければ給料が数パーセントアップや、+数千円追加してくれたり、さらに何度か引き受けるとボーナスをもらえたりする施設や職場もあるようです。

単発で行える看護師求人は、病院の求人では少ないですが、その中で唯一できる単発の病院求人は、夜勤看護師です。
回復期、慢性期など割と医療処理必要としない診療科は、単発求人が多いです。

私が以前に働いていた尼崎市のとある総合病院でも、やはり働くママの看護師が多く、ある一定の時期になると必ず人手不足になります。
そんなときは、こちらの求人を見て応募される方がやはり多かったようですね。
⇒⇒⇒http://xn--gmq224a9rap8ak94bjzovw7a.com/

しかし、そのおかげで私が働いていたときは人手不足に悩まれず、快適に働くことが出来ました。

木曜日, 3月 29th, 2018 || . || blog |

病院よりもセキュリティ万全な岐阜市の薬局に驚きました。

先日、息子の10ヶ月健診を受けに、岐阜市内にあるとある小児科へ行ってきました。
そこの小児科はまだ開院してから4ヶ月ほどしか経っていない新しい病院で、上の子の保育園が近いこともあり、通うようになりました。
もちろん、普段の診察でも何度も行ってる小児科なんですが、ちょっと驚くことがありました。

予約の時間ギリギリに病院に着いてしまったんですが、健診は予約制なので待合室には私たちの前の人と思われる人が一人だけいました。
すぐに診察室に通されたんですが、ここの小児科は診察室が二つあって、この日はいつもとは違う診察室へ案内されたんです。
診察室に入ってすぐ、身体測定をするので息子の服を脱がし、体重・身長・頭囲・胸囲の順に計測しました。
身長の計測から普段の様子と違うことを察した息子は号泣でしたが、なんとか計測することができました。
計測後は先生による診察になるんですが、ここに座って待っててくださいと言われてから結構待ち時間がありました。

その時、テーブルの上に先生たちが使ってるパソコンが置いてあって、画面がこっち向きだったので、嫌でも表示されてるものが目に入りました。
なんと私の息子と息子の前に予約していた子の情報が、丸見えだったんです。
名前くらいならなんとも思わなかったんですが、生年月日と予防接種できたか健康診断できたのか、病院にきた時間や会計待ちと表示されてるんでビックリしました。
しかも待ち時間が長かったせいか、私の息子の次に予約していた子も追加で表示されていて正直「いいのかな、これ」と思いながら先生が来るのを待っていました。
でも、私が見えてますと言うのもなんか変だし、結局言わずにいたら先生がやっときたので、健診の続きをしてもらいました。

息子は身長はちょっと低めだったけど順調に大きくなっていたので、問題はありませんでした。
先生は親身になって話を聞いてくれるし、病院自体が新しく清潔なこともあって患者情報が丸見えなのには驚きましたが、病院を変えるとかは今のところ考えてないです。
さすがに病気の情報や連絡先が丸見えだったら行きたくないので病院を変えると思いますが、もう少し患者の目線に気をつかってほしいなと思います。

それに比べると、この小児科に併設されている薬局は、セキュリティや設備も万全で、いつ行っても安心できるんです。
名前を呼ばれることは、受付の際の番号で呼び出しがかかります。
もちろん、ドリンクサービスも無料で備え付けられています。
岐阜市って、市内でも割と田舎なんですが、こんなに設備が整った薬局もあるんだなと、なんだか感心しちゃいました。

金曜日, 2月 9th, 2018 || . || blog |

結婚とバツ1と婚活で考えること

今年、合コンに参加したいんですが、友達がひらいた合コンより市役所がひらいた合コンを待ち望んでいます。
山鹿市の時、一時期、山鹿市役所の主催の合コンがあってそのときはたまたま彼女がいたので参加できずガッカリした思い出があります。

参加者に話を聞くと若い子が多かったらしく世代差を感じたらしいです。僕が参加してもそうだったかもしれませんが、それでも魔がさして合コンに行きたかったなと思ったんです。同級生の合コンにも何回か出席したんですが、ぜんぜん面白くなくてやる気がでませんでした。あまりタイプだと思う人がいなくて全然だめでした。

玉名の時もそうでしたし、玉名の合コンで友達主催の合コンはタバコ癖がひどい人ばかりでしたのでいい思い出とは程遠かったと思います。合コンの席でヘビースモーカーもあまりいい気がしません。その他光の森で合コンした時も女性はいい人が1名いたんですが、なかなか友達の都合上話すことができず、マークしていない人と話をたくさんすることになりあまりいいとは言えませんでした。

同級生もそうするうちに結婚していったわけですが、その間自分だけが独身で病気と闘うことになり、ほとんど結婚していったのでつきあいもストップしました。そのあとくらい離婚も増えたんです。バツ1バツ2が流行っていて子供を育てている姿をみるとあまり軽いノリで結婚するものじゃないと思うようにもなり、特に僕が乗り切るのが体調上難しいのは子供が赤ちゃんの時だと思うんです。僕のような統合失調症の患者で子供が0歳児とかをみるときは責任も病気だからといって緩和化しないのでそんな赤ちゃんをみる体調じゃないと思うんです。

そう思うようになると結婚ってあまりにも難しいし、責任とか放棄できないでしょう。だから結婚は統合失調症ではあまりできないんじゃないかと思うようになったんです。

合コンの時は遊び半分でも結婚したら苦労する、これを考えてしっかりした人をもし婚活で探すならした方がいいと思います。善き女性の理解者を探さないと軽いノリで結婚すると同級生みたいに慰謝料をとられてなにもなくなってしまうんならあまりにもよくないからです。だからいい人を探すのって難しいですよね。

そうはいっても結婚を諦めたわけではありません。最近、【婚活サイトの無料会員も意外とツカエルよ!※結婚したい人限定♪】というサイトを最近知ったのですが、無料ですし、一度登録してみようかと思っています。

月曜日, 12月 11th, 2017 || . || blog |

恐怖から段々と落ち着いていった病院での病状

私は以前公務員をしていました。土日もなく、毎日午前3時迄及ぶ残業で2年間も過ごし、段々と体を壊し、精神を病み社会人5年目で精神病院に入りました。

私は生まれて初めて精神病院に入ったのですが、病院のふいんきは最悪で人として扱ってくれませんでした。そして、通常の病院と違い牢獄に押し込められたように
全くと言っていいほど、外には出してもらえず建物の中でずっと時間がたつのを過ごすような毎日でした。そして、私が最もびっくりしたのは、それぞれ皆、包丁を隠し持っていて、夜中に人を刺すと言ういう強烈な病院でした。

私は寝ている時に、気配を感じたのか包丁で刺されるところを避けると、今度は別の隣のベットに寝ている人の、悲鳴が聞こえましたが私は嘘だろうと思いまだ平然と寝ていました。そして、朝になってびっくりしたのですが隣のベットに寝ていた人が、亡くなっていました。そして、朝。看護師さんがびっくりして救急車が来て市内の札幌徳洲会病院に運ばれて行きました。私はこのままでは命がないと思い、部屋替えをしてもらい、老人の多い病室に変えて貰いました。そこでは、皆静かに寝ていて皆穏やかでした。私は命が救われました。

そして、過ごしているうちに病状がある程度穏やかになり、病状の軽い病棟に移りました。そこでは皆、昼間将棋をしたり、碁を打ったりして過ごしていました。
皆で観るテレビもあり、一般的に開放病棟と呼ばれ、医師の許可があれば外に散歩や買い物に行けました。(以前は閉鎖病棟でした)次第に私は、CDをヘッドフォンで聴いたり、ラジオを聴いたりしました。そして、タバコやジュース等を近くのスーパー等に行きく様になりました。そして、そう過ごす中冬の2月に入院した病院を、父の誕生月の6月に退院し、やっと実家に帰ってきました。

そして、今は父は他界していますが、父と母の経営する会社に入り、公務員を辞め、働き始めました。まだ、症状は残っていますがもしそのまま仕事(公務員)をしていたら命があったか、わかりませんです。そして、現在に至ってはほとんど病状は消えています。恐怖体験もありましたが、結果的に快方にむかったことはよかったです。

精神科というのは何がおきるかわからないので、他の科よりも人手不足なのでしょうか、私が入院していた精神病院には派遣で働いている看護師さんも多かったです。入院中お世話になった看護師さんが派遣看護師さんで、いろんな話をしたのですが、彼女はこちらのサイトで職探しをしていたそうです。
⇒ 札幌で派遣看護師として働く私のアドバイス※求人探し方のコツ※
今もどこかで働いていると思うので、元気になった姿を見せたいです。

木曜日, 11月 2nd, 2017 || . || blog |

祝!カープ優勝!みんなで鯉(恋)ダンス


最近嬉しかったこと。
それはなんといっても地元、「広島東洋カープ」が二年連続で優勝を果たしたことです!
去年のリーグ戦は胃に穴が開くんじゃないかと思うくらいハラハラしながら観戦していたので、やっとの思いで掴んだ優勝でした。
優勝の当日から1週間くらいは、本当に広島はお祭り騒ぎで大変賑わっていたので、広島経済も潤ったことでしょう。
タナキクマルと不動の三本柱に続き、今年は若手が飛躍したおかげで比較的安心してみることができました。
きっと若手なんかはレジェンド黒田さんが残してくれた精神論をしっかり受け継いでいたと思います。
若手と中堅が一丸となって戦ってきた今シーズンは本当にみていて楽しかったです。

また、去年の優勝を経験していたので、王者の貫禄のようなものを感じ取れました。
長年弱小チームと馬鹿にされてきたカープが二年連続で優勝できたことに、本当に本当に心から嬉しかったです。
また、優勝のかかった最後の試合は、絶対に市内のバーでユニホーム着てパブリックビューイングしながら応援すると決めていたので、今年の優勝試合は何十人ものカープファンと、あの瞬間を噛みしめることができて最高でした。
数分間はカープの歌を全員で口ずさみながら踊り狂っていましたね(笑)
広島で一番の繁華街、本通りは決まった瞬間はハイタッチの嵐でした。
ながーい列を作って皆で歩きながら、見ず知らずの人たちと交流することができてそれもまた嬉しかったですね。
このハイタッチの嵐は5時間くらい続いたと思います。
それくらい大変盛り上がっていました。

ここまで広島を元気にしてくれたカープに、感謝感謝感謝です!
そして去年、果たせなかった日本一を次は絶対にとってほしいと思います。
去年日本一を逃してしまった試合を見に行っていましたが、試合後、近くの席のおじいちゃんが「死ぬまでに日本一をみたいんじゃがの~」と言っていたのがとても記憶に残っています。
そんな誰もが願う日本一を取って、もう一度広島を元気にしてほしいです。

水曜日, 10月 4th, 2017 || . || blog |