トップページ >> 尼崎の元看護師が思う、看護師の働き方について

尼崎の元看護師が思う、看護師の働き方について

木曜日, 3月 29th, 2018 | nsug | blog

単発クリニック求人が多い理由として、健康診断シーズンは患者数増加によって人手不足が起こったりすることがあります。
また、春や秋の土日は、働く看護師がお母さんの場合、入学式や運動会などのお子さんの行事がはいりやすくて、その欠員補充で増えるのです。
そして夏も、こうした理由と同じように、働くお母さん看護師が子供の夏休みに合わせて休暇を取ることが増えて、欠員補充で求人増える傾向となります。

クリニックの次に求人数が多くて、クリニックと合わせて単発の看護師の2大求人といって過言でないのは、デイサービスの看護師求人となります。
これは欠員補充の時と単に人を増やしたいといった両方の理由で、求人が年間で多いそうです。
また、単発のデイサービス求人は、働きたければ気軽に働くことができるのがメリットです。
そして医療処置がクリニックに比べて少なく、医療行為をしたくないという看護師からも人気あります。

そして、訪問入浴看護師求人はそれほど知られてないお得ポイントではありますが、訪問入浴はその仕事柄、夏は不人気求人です。
なので、夏に訪問入浴求人を引き受ければ給料が数パーセントアップや、+数千円追加してくれたり、さらに何度か引き受けるとボーナスをもらえたりする施設や職場もあるようです。

単発で行える看護師求人は、病院の求人では少ないですが、その中で唯一できる単発の病院求人は、夜勤看護師です。
回復期、慢性期など割と医療処理必要としない診療科は、単発求人が多いです。

私が以前に働いていた尼崎市のとある総合病院でも、やはり働くママの看護師が多く、ある一定の時期になると必ず人手不足になります。
そんなときは、こちらの求人を見て応募される方がやはり多かったようですね。
⇒⇒⇒http://xn--gmq224a9rap8ak94bjzovw7a.com/

しかし、そのおかげで私が働いていたときは人手不足に悩まれず、快適に働くことが出来ました。